« くら寿司 | トップページ | ブリの照焼弁当(デリカ・アイフーズ) »

2011年2月14日 (月)

映画「あしたのジョー」をみてきました。

日本漫画史上の傑作を実写映画化。監督は『ピンポン』でも漫画の映画化に挑んだ曽利文彦。本作ではCGを多用せず、オーソドックスな映像表現で直球勝負。長い原作を映画用に絞り込むため、本作では主なキャラクターを丈と力石、そして段平と葉子の4人に設定。丈にNEWSの山下智久、力石に伊勢谷友介が扮して“いま”の「あしたのジョー」を生み出し、より「宿命の対決」を強調している。しかしなんと言っても、段平役の香川照之に目を奪われる。「立て、立つんだ。ジョ~!」の名セリフをはじめ、原作そのままの段平がのり移ったかのような魂を感じさせる。力石の過酷な減量シーンをはじめ、原作の印象的な名シーンはちゃんとあるので、原作ファンも楽しめるだろう。

私たちの青春
シニア時代のノスタルジア
ちゃっかり1000円で鑑賞してきました。
ほぼ原作道理
元気をもらってあすからがんばります。
あしたのために(その一)
こまめに作業を行え。

« くら寿司 | トップページ | ブリの照焼弁当(デリカ・アイフーズ) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「あしたのジョー」をみてきました。:

« くら寿司 | トップページ | ブリの照焼弁当(デリカ・アイフーズ) »

最近のトラックバック