« 指宿に行ってきました。 | トップページ | 「詰合せ」錦もみじ(にしき堂) »

2010年9月22日 (水)

軽羹(文旦堂)

Dscf3896 たちのぼるー
純白、純粋、純情。
軽羹(かるかん)
まじりけのない素朴さに、ほっ。
まごころのこもる温もりに、ほっ。
伝承の味わいのむこうに、
ほんのり、あたたかな湯気がたちのぼります。
名称:生菓子 内容量:8個
品名:かるかん饅頭
原材料名:砂糖、米粉、山芋、トレハロース、小豆、さつま芋、麦芽糖、水飴
おいしさ度:○○○○
製造者:(有)本家文旦堂
鹿児島県姶良市加治木町日木山980TEL:(0995)63-5410

軽羹の由来
薩摩藩に伝わる銘菓かるかんは、安政の頃、時の名藩主、島津斎彬公の知遇を得た菓子職人が、しらす台地に自生する山芋と良米の粉を原料に作り上げたのが始まりと言われる伝統ある鹿児島の代表銘菓でございます。
そのきめ細かな味わいと、上品な風味で、昔から、『殿様菓子』と呼ばれ、最上級のお茶菓子として喜ばれております。

« 指宿に行ってきました。 | トップページ | 「詰合せ」錦もみじ(にしき堂) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/483095/36856186

この記事へのトラックバック一覧です: 軽羹(文旦堂):

« 指宿に行ってきました。 | トップページ | 「詰合せ」錦もみじ(にしき堂) »

最近のトラックバック