« フランスパン[キャラメル風味](ヤマザキ) | トップページ | のどにスッキリ(KASUGAI) »

2008年11月15日 (土)

まぼろしの邪馬台国をみてきました。

まぼろしの邪馬台国 第1部 白い杖の視点
配信元:電子書店パピレス
提供:@niftyコンテンツ
「まぼろしの邪馬台国」オリジナル・サウンドトラック Music 「まぼろしの邪馬台国」オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:サントラ,セリーヌ・ディオン
販売元:ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
発売日:2008/10/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 昭和40年代、第一回吉川英治文化賞を受賞したベストセラー「まぼろしの邪馬台国」が
発端となり、日本国中に「邪馬台国ブーム」が沸き起こった。その著者は、島原鉄道の元役員で、「島原の子守唄」の詩作者でも知られる、全盲の郷土史研究家・宮崎康平。
亭主関白で破天荒な言動、行動を繰り返しながらも、どこか憎めない人柄の宮崎康平に竹中直人。その傍らにはいつも妻の和子(吉永小百合)がいた。目の見えない康平に魏志倭人伝、日本書紀、古事記などを繰り返し読み聞かせ、立体地図を作って九州各地を旅した。執筆は康平の口述を和子が書きとめていくという共同作業。康平の夢は二人の夢となっていく、夫婦愛の物語である。
感動の作品

監督:堤 幸彦 代表作:「明日の記憶」「トリック劇場版」
脚本:大石 静 代表作:大河ドラマ「巧妙が辻」、NHKドラマ「ふたりっ子」
音楽:大島 ミチル
卑弥呼のテーマ:セリーヌ・ディオン「A WORLD TO BELIEVE IN~ヒミコファンタジア~」
原案:「新装版 まぼろしの邪馬台国」宮崎康平(講談社文庫)

出演:吉永小百合・竹中直人、窪塚洋介、風間トオル、平田満、柳原加奈子、黒谷友香、麻生祐未、綾小路きみまろ、不破万作、大仁田厚、岡本信人、大槻義彦、草野仁、井川比佐志、石橋蓮司、ベンガル、江守徹、大杉漣、余貴美子、由紀さおり

« フランスパン[キャラメル風味](ヤマザキ) | トップページ | のどにスッキリ(KASUGAI) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まぼろしの邪馬台国をみてきました。:

« フランスパン[キャラメル風味](ヤマザキ) | トップページ | のどにスッキリ(KASUGAI) »

最近のトラックバック