« ひとくちチョコレート[ホワイト&ミルク](モントワール) | トップページ | 森永ミルクチョコレート »

2008年2月11日 (月)

舞妓はん

高校時代から”憧れの舞妓はんと野球拳を”と夢見るサラリーマンと、元恋人が祇園を舞台に珍騒動を繰り広げる物語。めちゃおもしろい!
【あらすじ】主役:鬼塚公彦(阿部サダオ)は鈴屋食品・東京本社で働く熱狂的な舞妓ファンで暇さえあれば京都に通い舞妓のホームページを作っている。しかし舞妓と遊ぶためお茶屋の暖簾をくぐったことはない。ある日、公彦に念願の京都支社への転勤が決まったのだ。あっさりと同僚のOLの彼女・大沢富士子(柴咲コウ)を捨てて、意気揚々と京都入り。
脇目も振らずにお茶屋へ直行したが、[一見さんお断り]の壁に呆気なく跳ね返されてしまう。意気消沈の公彦に吉報がもたらされた。なんと、鈴屋食品の社長・鈴木大海(伊東四朗)がお茶屋の常連だったのだ。
社長に「仕事で結果を出せば、好きなだけお茶屋に連れて行ってやる」と言われた公彦は死にものぐるいで仕事に取り組み、そして遂に、かやく別売りのオリジナルカップ麺”あんさんのラーメン”を完成させた。”あんさんのラーメン”は瞬く間に日本全国で一大旋風を巻き起こした。社長の言葉通り仕事で結果を出した公彦は、やっとの思いでお茶屋デビューを果たす。お座敷での宴会も盛り上がり、いざ念願の”舞妓はんとの野球拳”というときに泥酔したプロ野球のスター選手・内藤貴一郎(提 真一)が隣の座敷から乱入。年俸8億円の内藤はお茶屋遊びの常連で、地位も名誉も金もサラリーマンの公彦とは雲泥の差。しかも、舞妓をはべらせて言い放った。「お金があれば、何をしてもかまへんねん!」内藤の登場で、宴会の雰囲気は最悪。夢にまで見た野球拳も台無しになってしまった。
公彦は内藤を見返すためにプロ野球選手になることを決意した。時を同じくして東京で公彦に酷いフラれ方をした富士子も京都で舞妓になることを決意した。
舞妓をめぐって渦巻く、夢と嫉妬とプライドなどなにがおこるか予測不可能、前人未踏の超エンターテインメント。最高にテンションあがっり爽快な映画である。
脚本:宮藤官九郎 監督:水田伸生 出演:阿部サダヲ、提 真一、柴咲コウ、伊東四郎、植木等、日村勇紀(バナナマン)、山田孝之、Mrオクレ
主題歌:グループ魂に柴咲コウが「お・ま・え ローテンションガール」
上演期間:2月9日から19日まで 駒川中野 タナベキネマ 地下鉄谷町線・駒川中野駅前

阿部サダヲ/舞妓Haaaan!!!
販売元:新星堂ショッピングサイト
新星堂ショッピングサイトで詳細を確認する

« ひとくちチョコレート[ホワイト&ミルク](モントワール) | トップページ | 森永ミルクチョコレート »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 舞妓はん:

» ★【お・ま・え ローテンションガール/グループ魂】★ [★【FavoriteMusic】★]
お・ま・え ローテンションガール/グループ魂 映画 : 東宝「舞妓 Haaaan!!!」主題歌 [続きを読む]

« ひとくちチョコレート[ホワイト&ミルク](モントワール) | トップページ | 森永ミルクチョコレート »

最近のトラックバック